プロフィール

初めまして。ブログ管理人のritsuです。

当サイトにアクセス頂きましてありがとうございます。

30代の会社員で、現在は愛知県に在住しております。

簡単に自己紹介させて頂きます。

これまでの歩み

4年生大学時の就職活動で70社近く受けるも全て不採用になる。

当時焦りと不安で周りの友達が受かっていくのを負い目に、

やっとの思いで入社した会社が「ブラック企業」だった。

「ブラック企業」入社後、パワハラ、薄給、長時間労働で心身ともに耐え切れず一年で退社する。退社時貯金が3万円しかなくなる。

「正社員」で転職はでき数年経過する。「貯金」も何とかできる状態になる。3年で600万の貯金を達成する。

「会社」の将来性と「給与」がなかなか上がらない現状に疑問を持ち始める。→会社以外の給与が欲しいと「副業」「投資」を始める

「投資」を始めるも知識の無さから「投資詐欺」に遭い約350万円を失う。

「副業」として「FX」「ネットワークビジネス」「情報商材」系ビジネスなどに取り組むも全て失敗する。

「投資」と「副業」と自分の中で命名したが、結局は約600万円を失う羽目に。その結果貯金が0になる。

上記理由で「お金」を失った頃「会社の人間関係」と「仕事のミス」が続き心身ともに疲れ果てる。

お金もなく頼りになる人もいなかった。何故ならばネットワークビジネスで友人・知人を失っていたためである。

おまけに仕事のミスと仕事の人間関係により、当時は誰からも相手にされず職場で孤立するようになる。

次第に人生で生きる意味を見失い次第に自殺したいと思うようになり、医療機関で診断してもらった結果

※「うつ病」と診断され一ヵ月会社を休む

「うつ病」事態は初期症状だったため、直ぐに社会復帰できる。

しかし、休んでいたときに思った事は将来への不安しかなかった。当時の貯金は10万あるかないかで、年齢も29歳で独身。

このまま引きこもってしまうと、中高年の引きこもりになる可能性は十分にあった。

2020年時点で社会問題となっている

  • 「中高年引きこもり」
  • 「親の介護」
  • 「未婚者の増加とその後の人生の末路」
  • 「孤独死」

など実際に発生していることが自分の人生にも起こり得ると考えたら、不安で夜眠れなかった。

この問題を解決するには「お金」を稼ぎ「お金」を貯める事で将来不安を少しでも減らしたい。

まずは「お金」を貯めようと決意する。

社会復帰を一ヵ月でし、決意を新たにガムシャラに仕事に取り組んだ。同時に節約して貯蓄に励む。

※仕事中はとにかく仕事の事だけ考える様にし、我慢して働いた。

約4年で1000万貯金することに成功した。

1000万円の貯金をするとどうなるのか?

当時は33歳で独身。将来の事を考えると結婚したいと思うようになり「婚活」に励むも、玉砕する。

収入が会社の給与だけというのは、やはり不安だと思うようになり「副業」「投資」をしたいと思いFXに再チャレンジする。

(テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・資金管理・感情コントロールを学習)→150万程トータルで失う羽目になる。

→FXを諦める。しかし長期投資の必要性は感じていた。理由として将来への年金・医療・介護などの不安があったためである。

投資と貯金を併用する。投資対象は積立NISA・IDEKO・ウエルズナビによる投資信託の積立投資・米国債券への投資・日米株への投資を行う。

総資産(貯蓄・投資総合計額)は約2150万円(2020年1月時点)・・・無借金

 

ブログを始めたきっかけ

ブログを始めたきっかけは、収入の複数化と会社の収入に依存しないという点です。会社への将来性が不安という事が一番です。

そして副業にブログを選んだ理由は「資産化」できる可能性があるからです。それはこちらの投稿でも書いていますので良ければどうぞご覧ください。

副業にブログをおススメする7つの理由

自分を株式会社に例える

これは著書motoさんが書いた書籍「転職と副業のかけ算」で書かれていたことですが、

自分という人間を「株式会社」に見立てて収入を増やす努力と収入の柱を複数持つ事で

収入を増やすという思考から来ているものです。

また稼ぐだけではなく、稼ぐために不要なものはできるだけ削減・縮小し支出の見直しを行うという視点も大切な視点です。

結局の所、お金はいかに多く複数の収入源を持つ事で稼ぐ力をつけと無駄な支出を削りお金を残すことによって資産が増えていくのです。

今、給与以外に収入がなければ非常に危険な状態です。さらに会社に依存している状態ではもっと危険です。

その会社がなくなったり、事業縮小したり、経営統合でもし環境が大きく変わる可能性があります。

そのときにその会社だけで通用する力しか身につけていない場合は、路頭に迷ってしまう可能性があるのです。

個人が稼ぐ力を身につけておかなければ、長い人生生き残る事は難しいと言えます。

人生100年時代を迎えて

人生100年時代を迎えた日本では、「稼ぐ力」と「健康」を維持する事が誰にでも必要となる時代がやってきたと思います。

2017年の日本人の平均寿命は女性が87.26歳、男性が81.09歳で過去最高を記録しました。

100歳以上の方は2018年9月時点で6万9758人と前年より2014人増加して、48年連続で伸び続けています。

医療の進歩によって、この伸びは今後増えていく事が予想されます。

しかし、100年生きるにしても切っても切れないものが「お金」と「健康」です。

「お金」がなければ、やりたい事もできませんし「将来への不安」「ストレス・イライラ」からも解放されません。

言い方は悪いですが、「十分なお金」があるから本当に自分のやりたい事、実現したい事ができるのではないでしょうか?

そしてそのお金を稼ぐ力が一番必要だと痛感しております。

特に最近は「新卒一括採用」「年功序列」「終身雇用」が崩壊しつつあり、一つの会社に定年まで働くモデルが通用しなくなってき

ています。今後その流れはさらに加速していく事でしょう。

結局の所、会社が面倒を見てくれる時代ではないのです。さらにその会社がなくなったら「収入」はどうなるのか。他にあてがあるのかなど不安は付きません。

宝くじで1億当たる事よりも、1億稼ぐ力を身につけないといけません。

そして稼いだお金を自身で運用するなどして「自助努力」しないと「老後破産」する可能性があります。

何が言いたいのかというと、お金には

  1. 稼ぐ力
  2. 使う力
  3. 守る力
  4. 貯める力
  5. 増やす力

以上5つの力を自力で身につけ「マネーリテラシー」を身につけなければいけないのです。

上記の宝くじの例で言うと、上手に使う力・守る力が欠如していれば高級なブランド品や車を購入してしまえば仮に3億あっても

すぐにお金は無くなってしまいます。

また急に支出が増えれば、元の生活水準に戻す事は難しく最悪借金を背負うという可能性も出てくるでしょう。

場合によっては、人に騙されるかもしれません。大金を稼いだり、お金があっても上手に使ったり、お金を守らなければ生活は破綻してしまうのです。

今後の日本社会は超少子高齢社会と言われる社会です。

2019年5月に金融庁が発表した【高齢社会における資産形成・管理】によると、老後生活を年金だけで賄おうとすると、毎月5万円平均寿命まで

生きるとすれば2000万円不足するとのレポートが提出されました。

これは国民に「公的年金だけでは生活は賄えないから、私的年金を自助努力で作って下さい」「マネーリテラシーを身につけて運用しなさい」

と言われたような物です。

最後に「健康」にも気をつけなければいけません。

「不健康」を抱えたまま生きるのと、「健康」のまま生きるのでは人生が全く違うものになります。

健康に関する投稿はこちらに書いてあります。よろしければどうぞご覧ください。

健康とお金

少し重たい内容の紹介となってしまいましたが、私の性分なのでどうかご容赦ください。

さて当ブログでは、

①副業・仕事に役立つ考え方

②稼ぐ事の意義

③資産運用方針

④ブログの事

⑤自身の体験(失敗談など)私自身、これまで多くの失敗をしてきました。

⑥健康や趣味(体験談)

の事をメインに書いていきたいと思います。長文となりましたが、ここまで読んで頂きありがとうございます。