エニタイムフィットネス24時間ジムの特徴【口コミ・評価】

この記事は約7分で読めます

フィットネスブームと言われているけどエニタイムフィットネスはどんな感じなのかな!

◎今回は私が通っているスポーツジムの様子について書いていこうと思います。

ちなみに筋トレの重要性はこちらの記事で紹介しています。

筋トレを行う8つのメリット

今回の内容は以下の様な方には読んで役に立つ内容だと思います。1つでも当てはまる場合は最後まで読んでみて下さい。

今回おススメしたい人

★ 24時間ジムがどんな感じか雰囲気を知りたい
★ 本格的に筋トレができる環境を探している
★ 筋トレができる環境に見合った値段のジムがいい
★ 一人で集中してトレーニングしたい

エニタイムフィットネスとは?

この投稿のタイトルでもある「エニタイムフィットネス」とはどのような経緯で始まったのでしょうか?

簡単に概略をまとめました。

  • 2002年、アメリカ合衆国のミネアポリスに第一号店をオープン
  • 10年後には世界で2000店をオープン
  • 2015年には世界22の国と地域に3000店を展開
  • 2020年1月には4500店を展開中
  • 日本には2010年に第一号店が東京の調布市にオープン
  • 2020年1月の日本への店舗数は700店(都市のみならず地方にも展開中)

発祥の地はアメリカであることと、まだ店舗数が伸び続けているエニタイムですが、日本で成功した裏側にはどのような特徴があったのでしょうか?

エニタイムフィットネス4つの特徴

エニタイムフィットネスのプロモーションはマスメディアを利用した大体的ものではありません。

集客力の源は「口コミ」「店舗発信のプロモーション」「チラシ」など地道な活動ばかりです。

エニタイムフィットネスの顧客は、大半が20代~40代の層でこの層は大手総合型のフィットネスジムが獲得できなかった層です。

また20代~40代の顧客層が退会を簡単にしないため継続的な課金ができ成功を収めたジムと言えます。

顧客が辞めない仕組みとはどんな仕組みなのか4つの特徴を書いていきます。

年中無休のジム

エニタイムフィットネスの一つ目の特徴として24時間365日空いているという事です。

まるでコンビニエンスストアの様です。

これならば、いつジムに行ってもいいですし自分の生活スケジュールに合わせてジムに通う事が可能です。

年中無休ですがスタッフが常駐している時間は10:00~19:00まででその他年末年始などはスタッフがお休みの場合もある様です。

コンビニエンスストアは昨今人手不足により、営業時間短縮の問題が発生しています。

しかし、エニタイムフィットネスはコストを省きながら24時間営業を継続する方針を示しており今後も多店舗展開が見込めそうです。

マシンジムに特化

エニタイムフィットネスはマシンジム特化を謳っています。

そのためスタジオやプール・スパと言った大型のフィットネスジムとは路線が異なります。

これは体のコンディションを最も効果的に調整するにはマシンジムでのトレーニングが安全で効果的であるという考えからです。

マシントレーニングは自身の回数や重量によって効果が出ます。

これは個人の努力によって達成できます。つまり筋トレで体が変化していくことが体の変化のみならず心の成長にもつながるのです。

マシンの台数や種類は店舗によって異なります。

他のエニタイムフィットネスが利用可能

エニタイムフィットネスは、会員になると全店舗が統一のセキュリティーキーで利用できます。

そのため、引っ越しをしたり出張や旅行に行ったときでもエニタイムフィットネスが利用できます。

その上、24時間空いているのでいつでも自分の好きなタイミングで行ける点が特徴の一つと言えます。

もちろん追加料金はかかりません。

注意‼⇒他店が利用できるのは利用開始日より31日経過後。それまでは契約した店舗しか行けない。

設備の割に月会費が安い

エニタイムフィットネスは、プールや教室はありません。

しかし、その値段の割に設備は整っていると思います。

他の同じ様な設備のジムよりも値段は2000~3000円違ってきます。

それと比較してエニタイムフィットネスは6000~7500円の範囲がほとんどです。

金額が若干変わってくるのはFC展開しており、それぞれの店舗で会費の設定が違うからです。

 

 

エニタイムフィットネスのマシンジムの種類

エニタイムフィットネスのマシンはどのような種類があるのでしょうか?

エニタイムフィットネスのマシンは店舗によって種類が違います。

ここでは私が通っている店舗のマシンジムの紹介となります。

他店の方がマシンの種類が充実している場合もあれば、少ない場合もあるので参考となります。

マシン系

★ レッグプレス・・・お尻と太ももを鍛える

★ ヒップアダプター・・・お尻と内転筋・外転筋を鍛える

★ レッグエクステンション・・・太ももの表を鍛える

★ レッグカール・・・太ももの裏側(ハムストリングス)を鍛える

★ チェストプレス・・・胸を鍛える

★ ショルダープレス・・・肩を鍛える

★ シーテッドロー・・・背中を鍛える

★ ロー・・・背中を鍛える

★ アブドミナル・・・腹筋(腹直筋)を鍛える

★ トーソローテーション・・・腹斜筋を鍛える

★ 腹筋マシン・・・腹筋全般

★ 背筋マシン・・・背筋全般

これらのマシンが一つずつ置いてあります。

フリーウエイト系

★ ケーブル・・・腕・胸・背中・お尻など使い方次第で様々と所を鍛えられる。懸垂もできる

★ パワーラック・・・ベンチプレス・デッドプレス・スクワットなどいろんな使い方が可能

★ スミスマシン・・・ベンチプレス等で使用する台

★ ダンベル・・・バーベルの重さは30キログラムまで

有酸素運動系

★ トレッドミル・・・走るマシン
★ エアロバイク・・・自転車を漕ぐ
★ クロストレーナー・・・腕と足を大きく動かす

マシン以外の設備

 

 

エニタイムフィットネスはマシンジム以外にも設備があります。

ここでも私が通っているエニタイムフィットネスでの設備紹介となります。

シャワー室・・・男女兼用2室(シャンプー・ボディーソープはないため持参)⇒ドライヤーが有
更衣室・・・男女兼用2台有り
トイレ・・・男女兼用2台あり
  • 体組成計(有料)
  • 鍵付きロッカー(有料)
  • 自動販売機
  • 上着掛け
  • ストレッチコーナー
  • パニックボタン・・・緊急時に押すとアルソックが来る

エニタイムフィットネスの料金

気になる料金はいくらでしょうか?エニタイムフィットネスはFC展開をしているため、それぞれの店舗によって値段が若干違ってきます。

また店舗によって毎月のキャンペーンも変わりますので、詳細は自身が住んでいる最寄りの店舗を確認するようにしましょう。

今回は私が通っている店舗の料金となります。

入会金

こちらはどの店舗でも共通で5,000円+500円(消費税)=5,500円かかります。

入会時に身分証明書が必要です。入会が済めばセキュリティーキーが発行されます。

但し、店舗によってはキャンペーンにより入会金が無料になる場合もありますので最寄りの店舗のホームページを見る様にしましょう。

入会時にお得に入会する方法は以下で述べています。

  • 入会を検討している
  • 他のジムからエニタイムフィットネスしようと思っている

こういった方は一度読んでみて下さい。

お得にエニタイムフィットネスに入会する方法

月会費

月の会費は6,980円+698円(消費税)=7,678円となっています。

他のフィットネスジムだと9000円~1万円程度かかる場合もあるため、お得だと言えるのではないでしょうか?

他店に通う際の注意点

エニタイムフィットネスは入会後31日目からは、他の店舗にも通うことが可能となります。

逆に30日目までは入会した店舗しか通えませんので注意が必要です。

入会時にもらった共通のセキュリティーキーを使用すれば、他の店舗にも通う事ができます。

一ヵ月に様々な店舗に通う場合は、最も多く通った店舗が月の会費となります。

複数の店舗に通う場合

A店:月3回・・・月会費6,800円
B店:月10回・・・月会費7,500円
C店:月6回・・・月会費6,500円

上記のケースならばB店の7,500円が月の会費となる訳です。

なので最も月の会費が若干高くなるケースもあるので通いたい店舗と設備をよく確認してみましょう。

但しそこまで大きな差はありません。

その他有料オプション

こちらは有料オプションとなります。

  • 鍵付きロッカー・・・月額1,100円
  • パーソナルトレーニング・・・月額7000円程度
  • パーソナルメニュー・・・月額2000円程度

オプションなので当然入る必要はありません。スタッフが進めてくる事もありません。

初期費用はクレジットカードが可能ですが、毎月の支払いは口座振替でカードは使用できません。

退会時

退会するときの決まりとして、毎月10日までに所属店舗にて「退会」を申し出れば当月の月末で退会が可能です。

※ 退会時に違約金などは発生しません。

休会

エニタイムフィットネスには「休会」という仕組みがあります。休会は所属店舗にて「休会」を申し出れば休会扱いとなります。

また「休会」申し込み時に「復帰月」を同時に記入します。この復帰月から自動的に通常会員となります。

※ 休会時は毎月1000円(+税100円)がかかります。

※ 毎月10日までに所属店舗のスタッフに申し出る必要があります。

エニタイムフィットネス休会の手順【コロナウイルス特別対応はあるのか?】

エニタイムフィットネスのメリット

エニタイムフィットネスに通うメリットは何でしょうか?

以下メリットをまとめました。

年中無休なので都合のいいときにいける

これは他の24時間ジムと比較しても同じことが言えるのですが、いつでも行けるのは大きなアドバンテージですね。

よくある、定休日の休み・年末年始・営業時間などを気にしなくていいので非常に助かります。

夜仕事をして居る人もいるので24時間は有難いと言えます。

24時間空いていると、混んでいる時間を避ける事もできますので時間によってはワンフロア貸し切りなんて事も可能なわけです。

以前私が通っていたジムはこちらです。こちらも良ければどうぞ。

【アクトスWill_G】スポーツジムに通った感想

運動する習慣が身につく

エニタイムフィットネスはまだ最近オープンした店舗が多いので、新しいマシンが多いです。

そのためモチベーションアップにつながり運動する習慣が身につきます。

また、店内は綺麗に保たれているので、また通いたい気持ちにさせてくれます。

値段の割に設備が良い

会費7678円の割には、筋トレマシンの種類が豊富でお得と言えます。

繰り返しとなりますが、大型のフィットネスジムだと10000円近い会費がかかる上、24時間空いている訳ではありませんからね。

他の24時間ジムと比較するとそこまで変わりませんが。

他の店舗にいける

エニタイムフィットネスは多店舗展開が他の24時間ジム(JOYFIT24・FASTGYM24)のよりも進んでいるため、

他の店舗にも行きやすいというメリットがあります。

他店しかないマシンや設備でトレーニングすることもできますし、出張・旅行・買い物など様々な用途のついでにジムに通う事もできます。

また、トレーニングをせずにシャワーだけ浴びる事も可能です(笑)

ランニングをしてエニタイムフィットネスで汗を流す事も出来てしまいます。

全国津々浦々に出来れば、気軽にトレーニングができるので上手に活用したい所です。

一人で集中して筋トレできる

設備が充実しているため、一人で集中してトレーニングを行う事ができます。

またスタッフから勧誘をされる事もありませんし、他の人から声を掛けられることもありません。

みんなトレーニングや運動を目的に来ているので、黙々とやっている感じです。

自分でトレーニングメニューを作成して取り組むなんて事も可能です。

エニタイムフィットネスのデメリット

ではエニタイムフィットネスに通う上でのデメリットは何でしょうか?

デメリットを挙げていきます。

マシンの使い方は自分から聞かないと教えてもらえない

入会すると即日からジムを使用できます。

しかし、マシンの使い方を教えてもらえる訳ではありません。

マシンの使い方はマシンのQRコードを読み込めばありますが、フリーウエイトやスミスマシンなどは使った事がない人にはハードルが高いと言えます。

間違ったやり方で体を痛めてしまっては元も子もありません。

但し、マシンの使い方はスタッフの人に声をかければ教えてもらえます。

スタッフがいる時間帯は10:00~19:00までの間です。

プールや教室がない

エニタイムフィットネスはマシン特化型のジムとなりますので、プールや教室はありません。

また大型のフィットネスジムのような浴室やジャグジー・シャワーなどもありません。

あるのは簡易的なシャワーの個室があるのみです。

そのためプールや教室目的に通う場合は違うジムを探しましょう。

他の人との交流はない

エニタイムフィットネスに来る人は圧倒的に一人で黙々トレーニングをやる人が多いです。

中には友人・夫婦で来る場合もありますが、それでもトレーニング中は各々が

目的を持って個人でトレーニングや運動しています。

そのため、みんなで一緒にエクササイズしましょう。という雰囲気はジム内にはありません(笑)

ジムに通う事で他人と交流を持ちたいと思う人は通う目的が違う様な気がしますので、違う形のジムを探した方がいいでしょう。

エニタイムフィットネスの口コミ

ここではエニタイムフィットネスに対する口コミをまとめました。

肯定的な意見と否定的な意見と両方まとめました。色んな口コミがありますね。

まとめ

色々挙げましたがエニタイムフィットネスは、おススメできるジムです。

一番のおススメは24時間365日営業しているという点でおススメしたいジムです。

私自身、引っ越しをしたのですが引っ越し先から最寄りのエニタイムフィットネスの店舗まで歩いて5分もかかりません。

これは非常にメリットで、今まで休日しか行けなかったジムの頻度が格段に上がりました。

また、シャワーを毎回使うのでそれで水道代を浮かせています(笑)

話は飛躍しますがエニタイムフィットネスを利用する目的は人それぞれですが、人生100年時代と言われる社会です。

自分の健康管理や体調管理は自分で行わなくてはいけない時代です。

ジムで運動したり、筋トレすることで体のみならず心も豊かになります。

筋トレはストレスを発散させたりネガティブ思考になりがちな時に筋トレすると悩みが吹き飛ぶこともあります。

ジムを検討されている方は「エニタイムフィットネス」を一度検討してみては如何でしょうか?

まとめポイント
★ エニタイムフィットネスは年中無休!自分のライフスタイルに合った形で通うことが出来る!
★ 入会後31日経過すれば、全国のエニタイムフィットネスに通う事が可能。
★ エニタイムフィットネスは値段の割に設備が整っている。
★ エニタイムフィットネスは一人で集中してトレーニングや運動したい人には最高の環境と言える。

 

最新情報をチェックしよう!